RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2/19 自分の言葉

2016.02.19 Fri
資料を探そうと思い、昔の原稿のデータを漁っていたら、10年くらい前に書いた文章がたくさん出てきた。

想像ではもっとひどくて読むに耐えないものかと思っていたけど、意外と読めておどろいた。
自分の記憶より、量も多かった。

こんな文章はもう、書けないなと思った。
この熱量がいまの自分にあるかなと。

でも、あんな初期衝動の塊みたいな言葉はもう書けないかもしれないけど、どんな言葉であれ書くことはできる。

自分の考えに興味はないけど、自分が書いた言葉には少し興味があるし、やっぱり期待しているんだなということに、8年ぶりくらいに気が付いた。

また少しづつ、自分の言葉と向き合ってみようかなと思った。
でもぜんぜん楽しくないんだけどね、それが問題。



スポンサーサイト
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2/18 執着

2016.02.18 Thu
毎日がほんとうに早くて、目が回りそうになるんだけれど、ぐっとこらえて乗り切って振り返れば、仕事をはじめていままで、ずっとそうやって思ってきたなと思う。

でももう30過ぎですから、いつまでも目が回ってるわけにもいきませんし、もうひとつ大人にならなければいけないね。

日々感じたことを書き留めないといけない、忘れるわけにはいかない、とあんなに思っていたのに、最近はあまり思わなくなった。

執着が薄れたのかも、とか、自分に興味がなくなってきたのかも、とも思う。

でも、やっぱり、怒涛のように流れてしまう毎日だからこそ、日々のなかで触れたものを少しくらい残しておきたいな、と思う程度の未練はまだあるようです。

だからこうして1年ぶりにブログなんて書くのです。



Category:未分類 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

1/4 「その女アレックス」

2015.01.04 Sun


「このミステリーがすごい!」の2015海外部門1位ということで購入。

読者は物語が以外な方向に転がっていくことを知っていて読み進めるし、
その意外性にばかり注目しがち。
実際、書評でも「衝撃の結末」(←まじで見飽きすぎて辟易する表現)っていろんなところに書かれていて。

でもこのお話の凄み物語だけじゃなくて、
まずキャラクターの立ちっぷりがすばらしい。特に背の小さな主人公刑事。
それと、最後に主人公が放つ「真実よりも正義」の一言。

二転三転する物語構成も抜群に練られているし、
本当に当初予想していたものとは全然違った場所に転がっていくのだけど、
なによりもこの一言だよ。
これが、ラストシーンとして鮮やかに、ズドーンと胸を撃ちぬく。

「正義よりも真実」が尊重されがちな刑事モノの中で、
180度ひっくり返しながら、ぐうの音も出ない正論だと思わされる。

このセリフが、この作品の強度を格段に補強していると思うのです。





Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2015/1月3日 新年のあいさつ

2015.01.03 Sat

あけましておめでとうございます。
2014年もいろいろな初体験があって、挑戦があって、収穫があって、変化があって、失敗や反省もたくさんありました。
そのひとつひとつを忘れることなく、
特に失敗や反省は絶対に忘れることなく胸に刻んで、
また今年もがんばりたいと思います。

会社を辞めて以来、年末にその一年を振り返ると、
「変化の年だったな」って毎年思っている。
だから今年も、変化を恐れず、まじめに誠実に。

2013だったか、2014だったか、
「今年はこれまでの苦労が実を結ぶ年にしたいな」なんて思っていて。
実際に、実ができている実感があるからこそ、
これからももっと大きな何かを残せるように、
自分を追い込んで生きていきます。



Category:簡潔日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

7/13 ベイビーレイズ@日比谷野音

2014.07.13 Sun
この前のBiSのレポートでは、
昔っからツーカーのBilboardさんとか、
Ototoyさんとかが、
「物語からの脱却」という言葉をよく使っていて。
それ自体はなるほどと思ったんです。

で、今日ベビレを見ていて、
いかのその「物語」を構築することが難しいか、
いかに「物語」を届けることに注力しているか、
ということを感じた。

いまの音楽、とりわけアイドルは、
物語作りに必死になっていて、
それもなんだかなぁと。

一切の物語を排除しているベイビーメタルが、
あれだけ世界的なヒットになっていることとは、
ちょっとした皮肉というか、教訓ではあると思うんだけど。



Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

7/12 顔合わせ

2014.07.12 Sat

結婚する兄の家族と顔合わせ。
「軽めのフォーマル」ってどんな服装か分からなくて困惑。
ひさびさに緊張する飲み会でしたが、結果、楽しかったです。


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

7/10 取材の日

2014.07.10 Thu

朝イチでAdobe取材。午後は高橋優さんとブリグリ川瀬さん取材。
なかなかにヘビーな日程でした。
うまくいったものもあれば、噛み合なかったものあり。
ぜんぶ糧にしましょう。


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

7/8 BiS解散ライブ

2014.07.08 Tue

BiSの解散ライブ。
一般入場口よりも、関係者席の受付のほうが遥かに混んでいるという不思議現象。

ライブはもう圧巻。
最初に取材したのは2011年で、あれからゆったりとひっそりと応援し続けて来たけど、
すばらしいフィナーレだったと思います。

MCなしの48曲、アンコールなしの解散ライブ。

というキャッチーな内容だったから、
あらゆる媒体で「伝説を作った」みたいなキャッチが躍るのが想像できる。

そんな安易なクリシェでまとめようとする媒体はどこかしら、
というひねくれ目線で、しばらくはライブレポを見ようと思う。


Category:簡潔日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

5/1 映画「白雪姫殺人事件」

2014.05.01 Thu

毎年思うけど、ゴールデンウィークを前にして、
案件のおしんこ状態。
前倒しにギュッってなるからおしんこね。わかる?

そんな中、もうけっこう前だけど、「白雪姫殺人事件」を見てきました。
なんつってもえれぴょん出てるからさ。

えれぴょん、かつて出演した「さんかく」では、
すっごいいいお芝居していたわけで、
音楽活動も止まっちゃってる今、
彼女が生きる活路は女優業にあるのでは!
と勝手に思っていて。

それで、湊かなえが原作ってこと意外ぜんぜん内容知らずに観たんだけど、
めっちゃよくできてる。
そりゃお話がおもしろいのは湊かなえなので、当然なのですが、
エンドクレジット観てて初めて、
監督が中村義洋だと気付いたのです。

うわぁ、よくできてるわけだよ。
ほんとうに中村監督は、ミステリものの原作を映像にするのがうまい。
めっちゃうまい。はずれなし。

冒頭の数分で、赤星くんの今風な「イヤなヤツ」を、
説明するわけではなく、ちゃんと観客に伝える演出、
すげぇや。

途中なんか変なエコーっていうかリフレインみたいのあって、
「なにこの安っぽい演出」と思ったけど、
中村監督ならきっと意図があったのでしょう。もう妄信。

あと蓮佛さんね。彼女もいい役者よねーと思ってたけど、
ゾっとするほどうまかった。すばらし。

うむ、連休まで時間がない。働こう。



Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

3/31 victoryライブ@新宿レッドクロス

2014.03.31 Mon
AKB国立公演、女子流、アニソンアーティストのアイリス、他にもいくつか……
という、イベント大激戦の、年度末最終日曜日。
迷った結果、victoryの東京初ワンマンを見に新宿へ。

直前まで迷っていたので、スタッフさんに連絡することもなく、
ひさしぶりに自腹でライブハウスへ。
予想外の満員でびっくり。あやうく入れないとこだった。あぶねーあぶねー。

ライブは、ものすごく正直に言えば、まだまだ。
演奏はうまいのかもしれないけど、やっぱりフロントマンとして、
アヤキちゃんのパワーが物足りないなぁと。
歌詞を聞いても、まだ「普通の女子高生」感があって、
突き抜けるなにかが、ない。
もし現状でどこかの媒体に書くとしたら、
どこにフォーカス当て取り上げるか、困るなぁ。

でも、だからこそ、今の段階のライブを見れてよかった。
次のライブも決まっているし、
これから劇的に変わっていくんだろうな。

それが楽しみ。

都会にまみれて迷って汚れて荒むのか、
それでもまっすぐポジティブな言葉で歌い続けられるのか、
いろんなものを乗り越えて、
もっと強い言葉と歌声を手に入れてほしい。

(あーなんか俺、すごい偉そうなことばっか言ってて、
 なにを音楽ライターぶってんだよ音楽シロートのクセに!
 とかよく思ってしまいます。そんな話はまたいずれ)


Category:簡潔日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。